「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座-」         デモンストレーション@JAXAの巻
a0216706_1225695.jpg
                                     写真:JAXA

こんにちは、石井です。さてさて、まだ初日だというのに3巻目。後半は、いよいよ「星」となる魅惑の装置、「電波反射器:コーナーリフレクター」のつくり方を実演してもらう時間です。
ワークショップ当日に慌てないように、各チームの代表にはつくり方をここで詳しく理解してもらい、明日はチームリーダーとして指導できるようマスターしていただきます。
大公開!『星のレシピ』。当日、参加者全員に配られた鈴木先生の手引書は、こちらから。

身近にあるもので構成されているリフレクタの材料はすべて、ここから!
守谷でDIYといえば、これまで海外からアーカスに滞在してきた、名だたる歴代アーティスト達も愛してやまない素材の王国、ジョイフル本田さんの協賛です。ありがとうございます。
a0216706_104390.jpg
大木さんが掲げているこれ。漢字の「日」の字になっている反射板を3枚つくります。
a0216706_0545710.jpg
まず、鈴木先生から材料の下ごしらえについて。金網の切り方、水道用塩ビパイプの切り方、金網の切り口の処理などをビデオで。
a0216706_0554912.jpg
小学生は4年生からの参加。切るのは先生にやってもらおうね。
a0216706_0561591.jpg
金沢美工大と筑波大の大学生のお兄さん・お姉さんたちがお手本をみせてくれます。
a0216706_0571246.jpg
これらの切り方・貼り方・組み立て方は「だいちの星座」チャンネルのYouTubeでもあがっています。
a0216706_0575162.jpg
水道用塩ビパイプを切るこのカッターだけは、大人でも工夫が必要です。ガチャン、ガチャン、と数回に噛ませながら切り離します。
a0216706_0593216.jpg
金切りばさみも、ここでは素手で切っていますが、当日は軍手着用で。
a0216706_058591.jpg
きれいに切れました。目合#20の亀甲金網です。これはビニール等のコーティングがされていると反応しません。
a0216706_114643.jpg
切り口を丁寧に「銀色の」ガムテで覆います。ここは先生のこだわりらしい....「シルバーのテープ」。
a0216706_123336.jpg
実際にビデオで映し出しながら細かい部分もわかるようにプロジェクションしています。
a0216706_133894.jpg
カットしたパイプに「塩ビパイプ用接着剤」を塗ります。
a0216706_154457.jpg
木槌、もしくはこのようなゴム製トンカチでT字L字のジョイントパイプを軽くたたき固定。反対側を付ける時は一度床面にあてて、両脇が平行であることを確認しないと、ジョイントパイプの向きが歪んで「日」の字にできません。
a0216706_162954.jpg
a0216706_174079.jpg
塩ビパイプで「日」の字ができたところで、910mmx910mmにカットした金網をとりつけます。
a0216706_18935.jpg
対になる両端を張りながら、結束バンドで固定します。あ。この商品バーコードははがしておきましょう。このバーコードのデータさえも、だいち2号のレーダでは反応を示すんだとか?!
a0216706_185666.jpg
a0216706_192370.jpg
今日の100名が明日の仲間たちに教えます。今日学んでおくと、明日簡単です。
a0216706_194112.jpg
ここでさらに「金網とパイプをうまく張るためのコツ」が伝授されます。結束バンドでシルバーのガムテープを貼った金網の端からパイプとを結ぶ最も適した位置。細かいでしょう?手作りで、より精度の高い星を作る為の大事なコツです。
a0216706_1101927.jpg
実際に会場の前方に集まり、「金網の張り具合」を触ってチェック。たわまないように、はじくとピンとはねるくらいの突っ張り具合で。
a0216706_111357.jpg
結束バンドをとめた後の端切れも、きちんとあとで処分して、リフレクタを持つときに指を傷つけないために、調整します。ものづくりは丁寧な仕事が大事。
a0216706_1113879.jpg
灰色と銀色な「日」反射板の完成。素材は地味でもキラキラ美しく見えるのはなぜでしょう..。
(あ。バーコードはがさなきゃ)
a0216706_1123942.jpg
次はいよいよ3面をつなげます。「日日」の下部にもう一枚の「日」
a0216706_1133080.jpg
反射板同士をつなげるのは200mmの結束バンドで。ちなみに結束バンドの色はどちらかといえば白色か透明が好ましいそうです
a0216706_113562.jpg
協力し合いながら面同士を固定します。
a0216706_1145454.jpg
これは折りたたみ式にできるので、一度3面そろったリフレクタの完成を見せた後....
a0216706_1152812.jpg
たたみます。
a0216706_1155388.jpg
パタン、パタンと一面分で重さ約2.5Kgのハンディタイプに。
a0216706_1162184.jpg
お持ち帰りいただけます。
a0216706_1165543.jpg
最後に撮像日に設営するときの再演。どのようにつなげていくか。当日手際良く、丁寧にスムーズに組み立てられるように。
a0216706_1173395.jpg
a0216706_1175712.jpg
完成です。エッジもそろえて、後は指定の方角に向かって正しく配置すれば、うまくだいち2号に反射してもらって「星」のできあがり☆

金沢美術工芸大学、筑波大学のみなさん、ありがとうございました!
いよいよ明日がアーカススタジオで製作の本番です。続く!
...とその前に、質疑応答編はこちら!


写真:加藤甫
[PR]
by arcus4moriya | 2015-02-07 23:00 | だいちの星座 | Comments(0)
<< だいちの星座プロジェクトー質疑... 「だいちの星座プロジェクト-つ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧