日常 / Ordinary days
こんにちは、高倉です。
本日は日常と題してこれまでイベントの隠になり紹介することのなかった
アーティストたちの姿を紹介していきます。

Hello this is Takakura.
I want to show some photos of artists which were not taken
for any events those were taken only from normal days
for archive so I put "Ordinary days" as a title.
a0216706_16472769.jpg
到着早々に貴重な市内での移動手段となる自転車を手に入れるアーティストたち。
そしていつも忘れずに素敵な表情を見せてくれたコンスタンティノス。

Soon as arrived they got bicycles for each and sure the bicycle
is useful in Moriya. We did not know at that time, however
Constantinos was always with his joke.
It has been started since he arrived Japan.
a0216706_16470275.jpg


a0216706_16530611.jpg

自転車は世界中で使われていますが、三人が日本スタイルの自転車を使い守谷市内を
移動する風景は最後まで見慣れませんでした。

For sure bicycle is used in all over the world, however until the end of their stay I could not get used to
see their appearance of riding bicycle.
a0216706_16481541.jpg

時にサポータの方々からいただく暖かい差し入れに舌鼓を打ちながら活動に専念する英気を養っていました。

We all got energy from tasty presents of Arcus supporters, and always smacking our lips with that.
a0216706_16511599.jpg

a0216706_16475755.jpg


a0216706_17045380.jpg

普段は陽気にはしゃぐことが大好きなセイットですが、機材を手にインタビューをはじめると適度に緊張した真剣な表情になりました。

Usually Seyit was the person who run around, but once he started interview with his tools he always became serious.
a0216706_16493608.jpg


a0216706_16494939.jpg

オープンスタジオのプラクティスで彼女自身がその場に踏み込むことはありませんでしたが
プラクティスのためのプラクティスでは積極的に場へ入り込み夢と現実、肉体と非肉体、言語と非言語
といとった事柄が融合する空間を作り出そうとしていました。

Florencia was never get in to practice, but for the practice of practice which I might say pre-practice.
She was very much get in to that to merge the border of reality, dream, body, non-body, verbal, and nonverbal.
a0216706_16483012.jpg
最後のオープンスタジオ開催直前。高まる緊張の中、ますます冴えるコンスタンティノス。

Just few days before our 2nd OPEN STUDIO their tension got higher than ever, and also Constantinos create his facial expression.
a0216706_16484004.jpg
よっ

gottt

a0216706_16485257.jpg
しゃーーー!

chaaaaaa!

こうして振り返ると舞台の表と裏、イベントの陰となり伝えることのできなかったアーティストたちの
一面は、晒されていた表舞台の一面と多少の違いはありますが、それらの違いから受け取る作家の
印象に差異はなく、1人1人の個性に大きな幅がある素敵な人たちでした。

When I look back there were always front and back, on and off of their character which we can assume
from their behavior and action, but what I felt was even though that difference does not effect anything.
They were the artists who have great humor and sense of creation.
looking forward to see you, and your works!
































[PR]
by arcus4moriya | 2014-12-07 16:40 | AIR | Comments(0)
<< オープンラジオ@X'm... Leaving Day / 出発の日 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧