Leaving Day / 出発の日
こんにちは、高倉です。
本日は100日間の滞在を終えたアーティストたちの出発の日です。
コンパクトにまとめられたスーツケースからパンパンに膨らんだスーツケースまでを
車のトランクに詰め込んで成田国際空港へ向かいました。
振り返るといつもそうですが、あっという間に過ぎていった100日間でした。

Hello this is Takakura.
Today is the day for artists to going back their countries after the 100 days residency.
From well packed baggage to jam-packed baggage we put those in to the car to go
Narita International Air port.
When I look back every time I feel in this way so for this time I also felt "time flies".
a0216706_15115796.jpg
各アーティストの部屋をまわりながら最後の確認を済ませます。
無事に活動を終えることができる安心と最後まで気を抜かずにいることの
緊張が同居する不思議な朝でした。

We have checked all artists's room to make sure no problems.
It was kind of weird that I felt ease and tension in my heart at the same time.

a0216706_15120532.jpg
最初に出発するのはコンスタンティノス。初めて会った時はいつからそのスイッチが入ったのか
唐突にはじまる彼の冗談に戸惑いを隠せませんでしたが、最近はいつからジョークが
はじまったのか、それは冗談なのか真剣な話なのか。その曖昧な境界線も含めて彼のユーモアに
触れていました。
最後まで笑顔の耐えない見送りとなりました。

First flight was for Constantinos when I met him for my first time I got confused in his joke
I had no idea about when it started, and when ended.. But for these days I did not care
about when or what I just enjoyed talking.
Until the time to pass through the last gate he gave us sense of humor with his smile.

a0216706_15120074.jpg
フライトを待つ時間でドローイングを始めるフロレンシア。時間や場所に捕われることなく
唐突にはじめられる行為は程よく緊張した空気を生み出していました。
ずっしりとしたスーツケースを手に膨らんだバックを背負ってゲートに向かう
様子とは対照的な印象ですが、その振れ幅が素敵な彼女の魅力を生んでいるようでした。

In the waiting time for her flight she started to make her drawings.
She did not care about where, and when she just started as ordinary things and this attitude
remind me that she is an artist.
There was huge difference from the image of caring jam-packed baggage to made us uneasy
for check in, but for sure this contrast is the attractive point of her impression.
a0216706_15120283.jpg
帰り道、さわやかな陽気のなかで移り変わる景色を眺めていると、スタジオに
もどればいつものように彼らの声が聞こえてくるのではないか、そんな気がしてきました。。
長いというには足りない、短いというのもしっくりこない絶妙な100日間でしたが
将来を見届けたいと思える関係ができた忘れられない経験になりました。

On the way back with beautiful landscape, and refreshing weather I felt suddenly
when we back to studio there might be all artists to make noise as ordinary days.
100 days were not enough to say long residency, however bit long to say short residency
It might be on the border line of long, and short, but quite enough to make long term relationship
We all looking forward to see you guys!
























[PR]
by arcus4moriya | 2014-12-03 12:06 | AIR | Comments(0)
<< 日常 / Ordinary days 市長表敬訪問:帰国前 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧