キッズツアー:OPEN STUDIOS 02
皆さん、どうもこんにちは!藤本です。
OPEN STUDIOS 02の初日11月15日にキッズツアーを実施しました。
対象は小・中学生と幅が広く、且つさらに小さな子たちも参加してくれました!説明の方法と言葉選びに苦労しましたが、その足掻きも含めてご紹介します。

Hello everyone this is Fujimoto.
We had OPEN STUDIOS 02 started from guid tour for kids.
basically participants were from elementary school students, and junior high school students, however some kids were much younger than them. For sure the guidance was not easy, because understanding level must be different by their age. Anyway I am going to introduce whole process including some difficulties.
a0216706_19272041.jpg

まずはサロン前に集合し、最初のご挨拶/導入です。

We gathered in front of the salon for the introduction before starting.
a0216706_18271523.jpg

純真な瞳を前に少し照れるアーティストたち。

The artists seemed to get shy when they faced pure eyes of children.
a0216706_18475065.jpg



フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス[アルゼンチン]のスタジオからスタートです。

We started from Florencia Rodríguez Giles [Argentina].
a0216706_1830459.jpg

この後に、控えているプラクティスをツアー内では観れないということで、これまでのプラクティスの記録映像を観ました。
それぞれの参加者の細小化された動きを見て、「どういう時の動きに見える?」という質問を投げかけてみました。

After this tour we had plan to show her practice, however they could not stay until that time so she showed some archive of her practice.
And I asked children "Can you guess any movements from their gestures?".
a0216706_18312823.jpg

一見不可解な動きを、みんなでじーっと見てみます。しかし、全員ただただ首をかしげ続けていました。うーむ…。

All participants were looking mysterious movements, then all children tilts their heads in confusion...



a0216706_18314952.jpg

最後に、プラクティスの参加者が付けているマスクを装着してみてどう感じるかを試しました。

At last she put masks on some children to hear how they felt.
a0216706_1832572.jpg

視界が狭まることや、他者から表情を見られないことが、心境や行動にどんな変化をもたらすでしょうか?なんと、この女の子からは「これなら…“表現”できるかも。」というコメントが。これは私にとってはものすごいコメントでした。

When they put a mask on the sight will change to be darker, and nobody can find their expression. So how those things affect to mental state, and movement. When a girl put that mask on, she said "I might be able to express if I could use this...." The comment was amazement for me.
a0216706_18322023.jpg



続いてセイット・バタル・クルト[オランダ]のスタジオです。
まずは、映像を鑑賞。
Next was Seyit Battal Kurt from Netherlands.
He started with showing film.
a0216706_18323730.jpg

セイットの取材を通して見えた、日本の農業の様々な有り様、農作業との様々な関わり方を説明し、目的がそれぞれに違う事、大切にしていることが違うことなどを話しました。誰が正しいということはないけれど、それぞれに問題意識を抱えている現状を伝えました。

Form Japanese farming, the way to involve farming were the theme of his film. Then everybody has a different purpose on their own way. There were no judge about who is right or who is false. He only tried to show present condition of problems to do farming.
a0216706_18334342.jpg
a0216706_1834204.jpg


参加者の親御さんに、取材を受けてくださった方もおられました。彼女の立場からの意見や、取材の感想などを話して下さいました。現実を理想に近づけていく意志に感動しました。

There were few people who got a interview from Seyit, as parents of participants. She told us a impression of the film with her point of view, when I heard that I was touched about her effort to make her ideal to the truth.
a0216706_18362964.jpg

a0216706_18365487.jpg



最後にコンスタンティノス・タリオティス[キプロス]のスタジオです。
Constantinos Taliotis from Cyprus was the last.
a0216706_18373962.jpg

まずは、コンスタンティノスが制作した、建築物の模型のパーツを近くまで寄って観察します。細部や影、素材を見ながら、“自分の家”を引き合いに気付きを探します。自分の家のつくりや材質について普段なかなか思うことはありませんが、これを機に建物と住環境について考えようというめあてを設定していました。しかし、なかなかそのめあてに踏み込めずに時間がきてしまいました。

First we had observation of the model of architecture (which he is planning to make as real sized one). We need to focus on details, shadow, texture, and then we compare with our own house to find out awareness. Normally, we do not think about construction, and texture of our house. but for this chance I was trying to give them to think about architect , and living condition, as familiar topics. However the time was too short to make change their recognition. We could not reach to that purpose.
a0216706_18382098.jpg

a0216706_18383427.jpg

a0216706_18384827.jpg

a0216706_18412382.jpg

ドローイングと模型のパーツを見比べています。

Comparing many drawings and the model.
a0216706_18414014.jpg


昨年に引き続きキッズツアーをさせていただきましたが、興味深く面白い場面もあり、難しい場面も多くありました。参加してくれた子どもたちに1つでも多くのものを持ち帰ってもらえるよう今回の課題を次回へ生かします。
参加してくれたみなさん、どうもありがとうございました!

This was my second time to organize the kids tour, however over all there were lots of interesting points, and difficult points. For next time I will do my best to improve. This tour gave me a great learning. Yes, this is my kind of excuse!
Thank you for all participants! See you again.



[PR]
by arcus4moriya | 2014-11-15 22:21 | AIR | Comments(0)
<< フロレンシア “Interzo... スタジオガイドツアー:OPEN... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧