フロレンシア “Interzone”におけるプラクティスPractice of "Interzone" :OPEN STUDIOS 02
皆さん、どうもこんにちは。藤本です。
このブログでは、フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス[アルゼンチン]の
“Interzone”におけるOPEN STUDIOS 02でのプラクティスについて書きます。OPEN STUDIOS02での公開は完成ではありませんが、これまで重ねて来たプラクティスのひとつの区切りです。
プラクティス全体のブログはこちらから御覧いただけます。(ものすごく長いですが…)
ここでは写真を中心にご紹介させて頂きます。

Hello everyone this is Fujimoto.
I am going to introduce practice of "Interzone" which held by Florencia Rodríguez Giles[Argentina] at OPEN STUDIOS 02. The practice was not finished at that time, it was a point of full process that she made for this time.
You can read about whole process of her practice, here(make sure this is quite long to check at once.)
Here we introduce the process mainly by using photos.


公開前の準備段階です。フロレンシア自身は本番には参加しませんが、準備段階には加わり全員で集中力を加速させます。
This is the view of warm-up. Florencia will not be during the practice, however for the training of practice she has been there to make the participants concentrated quickly.
a0216706_202277.jpg
a0216706_2025298.jpg

そろそろ、約1時間の公開が始まります。観客の皆さんも徐々に入ってきました。
Soon we will start the practice which takes a hour. The audiences were gradually increased.
a0216706_2034878.jpg
a0216706_204717.jpg

観客がいても、やることは本質的に何ら変わりませんが、観客とともにいつもとは違う空気が室内に流れ込んできます。
There are no differences about the detail of practice, however the atmosphere of the room has been changed by audiences.
a0216706_20184247.jpg

a0216706_20195863.jpg

a0216706_20202955.jpg

a0216706_20213577.jpg

a0216706_20225327.jpg

a0216706_20241242.jpg

a0216706_20254429.jpg

a0216706_20235191.jpg

a0216706_20252277.jpg


もう1種類、前回のブログではご紹介できませんでしたが、
参加者の1人、ににこちゃんだけのプラクティスです。動きはなく、夢の状況を「言語のようで言語じゃない言語※グロソラリア(異言:学んだことのない外国語もしくは意味不明の複雑な言語)」で話すというもので、全員で取り組んでいたプラクティスから派生したものです。

We could not introduce the other practice in the last blog,
That was the practice held by only one participant, Niniko. She is a high school student, and an artist. There were no motion, she only talked about her dream she dreamt before, with using “glossolalia”. (speaking in tongues; speaking a language one does not know) It came from the practice by all participants.

a0216706_10585667.jpg

そうこうしているうちに部屋がいっぱいになるほどの観客が集まりました。
フロレンシアも会場にはいますが、プラクティスを始めるタイミング・終わるタイミングはににこちゃんに任せています。フロレンシアの指示としては、
「観客が全員座り、部屋の戸が締まり、観客たちが落ち着いて、且つ自分が始められると感じた時に始めて。」というものです。言葉にするとたったの一文ですが、その指示の中には、ににこちゃんに対する信頼と、互いに育んで来た関係に対する信頼が込められていることがわかります。

Soon after we got full of audiences in the room. Florencia was there, however the timing from start to end were all handled by Niniko, and there were one direction "When all audiences sit down, the door were closed, all of them calm down, and also you felt it, that is the time to start." For sure this is a really simple sentence, but we can see a strong relationship between Niniko and Florencia from this.
a0216706_1059116.jpg

特定の動作がなく、大胆に要素を削ぎ落された表現行為ですが、これまでのプラクティスでの経験が詰まった非常に濃密なものでした。室内の空気をににこちゃんが鋭敏に感じ取り、都度判断を下し、迎合するでもなく突き放すでもないようなふるまい。彼女は自身の内側に集中しているけれど、閉じてはおらず、周りの観客からの影響を受け入てはいるけれど、オープンという様子でもない…。
しかし、その空間を操っているような印象は少し受けました。

There were no specific movement all of motion were cut out boldly, but I found it condensed. All of her accumulation which she had got from Florencia's practice. Niniko was really sensitive to judge atmosphere of the room. Not like being accommodating, but not completely leave the audience behind. She has concentrated to her inside, but she didn't closed to outside, she has accept some influence from the audiences, but has not completely opened to the audiences.
But somehow I felt she controlled aura of the room.

終了後、観客が各々立ち去って行く様子と、姿勢を変えずその場に座り続ける彼女の対比も美しいものでした。
After the end of the practice I could find beautiful view which was the contrast between audiences who were going away, and Niniko who were still sitting there with no movement.
a0216706_1126038.jpg

a0216706_1126211.jpg

そして、観客がいなくなりOPEN STUDIOS 02最後のプラクティスが終了しました。
Finally all of audiences were went out, and the practice of OPEN STUDIO 02 was over.
a0216706_11264619.jpg

心の底からホッとしている様子。
They looked like relaxed.
a0216706_1127631.jpg

お疲れ様でした。
参加者にとっても大変特異な体験となったようです。観客にはどう映ったでしょうか。
称賛の声も多く頂きましたが、「どう捉えて良いかわからなかった」というご意見もありました。
私個人としては大感動でした。そして、その後何日か経ち、アーティスト・イン・レジデンスという仕組みや作品の在り方・伝え方について考え直させられる強烈な体験ともなりました。

Thank you for your hard work.
The day became a particular experience for participants, too. But I am still thinking it for the audiences, we could get full of praise, but on the other hand we also got few comments like "Could not get the way to understand", however I personally got impressed so much. Few days later this experience made me to think about what the Artist in residence should be...how we can represent artists' activity to the audience with no bad interrupting for their concentration.


a0216706_11271991.jpg


撮影:加藤 甫
Photo:Hajime Kato
[PR]
by arcus4moriya | 2014-11-15 23:59 | AIR | Comments(0)
<< フロレンシア・ロドリゲス・ヒレ... キッズツアー:OPEN STU... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧