芸大取手での出張講義2 / Lecture at Tokyo University of the Arts Ⅱ
こんにちは、高倉です。
本日は11月25日に東京芸術大学取手校舎にて行なった今年二回目となる出張講義の様子をご紹介します。
私はアーカスプロジェクトでのスタッフと平行してこの大学の取手校舎で非常勤講師をしています。隣接する守谷市と取手市なので、共同でおこなうプログラムが少しでも増えれば互いに刺激が生まれ素敵な機会になるのではないかとアーカスプロジェクトに滞在中の作家を呼び近作を含めた発表をしてもらいました。

Hi this is Takakura.
Today we are going to introduce about 2nd lecture held at Tokyo University of the Arts.
Toride city is right next from Moriya city so I was thinking if we could something between Moriya and Toride that will be quite good accumulation among the people belongs to Art. So for that I planned to have presentation about Arcus project, and ARCUS's residency Artists because I am also working as part time lecturer in this university.

a0216706_14343492.jpg

まずはじめはアーカスプロジェクトコーディネーター石井さんからアーカスプロジェクト、そしてレジデンス事業の説明をいただきました。
At first we had Ishii san to have present about ARCUS project and system of ARCUS's residency program.

a0216706_14351638.jpg

一番手はフロレンシア、母国アルゼンチンにて行なっている活動から日本にきて行なっている活動まで。幅広く話してもらいました。
Then we start from Florencia about what she has done in Argentina, and what she has been doing since arrived in Japan for making art activity.

a0216706_14353057.jpg

続いてセイット。守谷にある農家へのインタビュー映像を中心に自身の活動に触れていきました。
Seyit was 2nd for presentation. He was talking about his interview mainly he was focus on to farmers to find the relationship between human being and ground.

a0216706_14353399.jpg

最後はコンスタンティノスの予定だったのですが、突然の体調不良により参加が叶わず、チーフ朝重さんより解説いただきました。
Constantinos was going to have this at last, but unfortunately he could not come by illness so for our chief Tomoshige san had presentation in stead of Constantinos.

a0216706_14353578.jpg

三者三様の発表形態、学生がその内容をどのように理解したのか差はありますが、普段耳慣れない言語(英語)を使い、国境と人種を越えてやってきた先輩たちのかもしだす雰囲気はそれだけで開講した意味があったのだと感じるに充分なものでした。

Each of three artists has their own style of presentation so for sure there are some gap about understanding among all students who attend at that day, but at least to have that lecture in english was great opportunity for students to feel all over the world.

a0216706_14335373.jpg

帰り際、アーティストと話しても程よい緊張が伴うよい機会だったと伝えられ一安心。
最後のオープンスタジオが終わっても、精力的に活動を続けるアーティストたち。
彼らは日本で何をつかみ、今後表出させるのか。楽しみです。

On the way back while I was talking with artists they told me that was also good experience with comfortable tension. All artist were running hard even they finished the last OPEN STUDIO we are very much looking forward for their next art pieces!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-11-25 14:30 | AIR | Comments(0)
<< レジデントたちの送別会 / F... テーブルミーティングvol.1... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧