AIT+ARCUS ミングリアスナイト Vol.7/AIT + ARCUS MINGLIUS Night Vol.7
皆さん、こんにちは、藤本です。
11月1日(土)に開催した、AIT+ARCUS ミングリアスナイト Vol.7
「夢、月、自然観、近代建築… アーティストたちのコズミック・マインド」
~ オランダ、アルゼンチン、キプロス、スウェーデンから4名のアーティストを迎えて
の様子をお伝えします。
今回で第7回目を迎えるイベントで、アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]の招聘アーティストとARCUS Projectの招聘アーティストが合同でトークを展開します!主催はAITで、ARCUSチームは毎年代官山のAITルームに参上いたします。

Hello everyone this is Fujimoto.
Here we introduce the AIT + ARCUS MINGLIUS Night Vol.7
"Dream, Moon, Nature feeling, Modern architecture... cosmic mind from all artists, from all over the world Netherlands, Argentina, Cyprus, Sweden"
This year will be the seventh event of Arts Initiative Tokyo [AIT]
Which is collaboration event between residency artists of AIT and ARCUS. The event is organized by AIT so we ARCUS going to AIT room in Daikanyama to have presentation.

a0216706_2034833.jpg

準備中です。
getting ready.

ミングリアスとは、「混ざり合う」という意味。AITが不定期に開催している入場無料のラウンジ・イベントで、毎回、心地良い音楽やイベントテーマにちなんだドリンクや食事と共に、アーティストやゲスト、参加者同士が交流を楽しめる素敵な場です。

MINGLIUS is the meaning from mingle. The event is held in temporary to make free communication space among the people who belongs Art with variational foods and music from each countries.

アーティストたちは、AITの大隈さん、通訳の池田さんと打ち合わせ中。
Meetting with Ookuma-san from AIT, Ikeda-san translator and Artists.
a0216706_2182155.jpg


気付けば、どんどんお客さんが増えてきています。そろそろスタートです。
We got full of audience right before start the presentation.
a0216706_20101129.jpg


まずはAITの招聘アーティスト、ジェニー・オーケルンド (スウェーデン) のプレゼンテーションから。

We started the presentation from residency artist at AIT Jenny Akerlund(Sweden)
a0216706_2013968.jpg


そして、次にわたくし藤本からARCUS Projectの紹介を手短に。
Then I introduce about ARCU.
a0216706_20172257.jpg


続いて、セイット・バタル・クルト(オランダ)。過去の作品と、今回の守谷でのプロジェクトについて紹介しました。

Next is Seyit Battal Kurt (Netherlands) from ARCUS he had shown his previous works and talk about his research in Moriya.
a0216706_20233570.jpg


フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス(アルゼンチン)。
Florencia Rodríguez Giles (Argentina)
a0216706_20252843.jpg


最後にコンスタンティノス・タリオティス(キプロス)。
Constantinos Taliotis (Cyprus) at the last.
a0216706_2173325.jpg



最後の最後は、会場にいらした我らがゲストキュレーター西川美穂子氏(東京都現代美術館学芸員)を急遽交えてのショートクロストーク。

At truly end of discussion we got emerging talk session with our guest curator Mihoko Nishikawa.
a0216706_20325740.jpg


アーティスト同士での、レジデンシートーク。「滞在制作・調査において互いに影響を受けることはありますか?」という問いに対して、アーティストたちは「それは、レジデンシー関連のトークでよく聞かれる質問なんだけど…」と。彼らの答えはこうでした。

Artists has talked about residency program and there was an interesting question "Do you got any influence by other artists?" then their answer was like "That is kind of typical question in residency artists, however..."

〜お互いの制作において、結局直接的な影響はない。アーティストはそれぞれのプロジェクトを粛々と進めて、お互いにどんなことをしているかは知りつつも、自分の事に邁進する。生活レベルでいうと、一緒に過ごす時間も長いのでたくさんのことを共有している仲間のような存在でもあり。〜

〜When we think about the process of making art works, there is no influence at all we artist would make our own works, of course we know who is doing what, but we are pushing forward our selves. In everyday life we share lots of things with so many time so we are like crew in the same ship〜

レジデントアーティストは、自分の知らないコミュニティに1人っきりでやってきて、短い時間の中でその中に色んな風を吹かせたり、爪痕を残していく。そのたくましさと、周りの人や状況を捉える繊細さには、本当に憧れます。

Residency artists were jump in to the community which they did not know then they blew new wind or some time they left scar. I long for that burly stance and sense to get the atmosphere in temporary situation.

最後に、AITさん、こんなにたくさんの人にARCUS Projectのアーティストを紹介する機会をいただき、ありがとうございました!

At the end thank you all to have this opportunity in order to present artists from ARCUS!
[PR]
by arcus4moriya | 2014-11-01 19:54 | AIR | Comments(0)
<< “Interzone”における... コンスタンティノスの見ているも... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧