コンスタンティノスの見ているもの/Point of view Constantinos Taliotis
a0216706_22332232.jpg


お隣はつくばみらい市の「ワープステーション江戸」へ再訪。
言わずと知れた、日本時代劇映画の撮影に使われるロケーションセットです。

We went again to "Warp station EDO" which is famous for the location set of historical play.

コンスタンティノスはフランク・ロイド・ライトが日本人、または日本建築に与えた・受けた影響を日本に現存するライトの建築物を通じて調査する一方で、日本映画や建築にも関心を示しています。

Constantinos has focus to influence of Frank Lloyd Wright. What he has done to Japanese architectural history, and also what he got from Japanese architectural history. At the same time
while he is doing his research he has interested to Japanese movie and Japanese architectural history it self.

日本独特の江戸時代の建築物や、室内のしつらえ、またはそれをフィクションとして映画に残していくインダストリーの中で、シーンの背景にどんな時代に則した時代考証や文化があったのか、日本にいる間の彼は知りたいこと、調べたいことで横溢しています。

In Edo period there were some particular way to build, and interior decoration, for sure he want to search about that staff, but not only for that he also want to check how we transform the location set to fiction movie like Japanese historical play.

今日は終日、快晴でした。ちょうどその日は別の場所でも某ドラマか映画の撮影もあったようですが、彼が集中して探しているものは、この建物の中の、なにか。

Today was totally sunny the day there was also shooting day for some Japanese drama, however he did not pay attention to that he is looking something which is in this building.

a0216706_2273610.jpg

古い江戸時代の町家のセットを幾度とのぞきこみ、何かを探しているようです。
He is looking some location set of private house from Edo period to find something.

a0216706_2275315.jpg


a0216706_22151826.jpg

一体、何を撮影しているのでしょうか。
We do not even know what he is shooting.

a0216706_22123365.jpg

ワープステーション江戸を見学に来た人たちも、つい近づいて覗き込み話しかけてきます。
Even though just passenger were trying to talk with him.
a0216706_22145647.jpg


a0216706_2285859.jpg

時代劇中の日本家屋のしつらえが忠実に再現されている一方で、そのバックステージも気になっている様子。
まったく忠実な画面より、やはり映画やドラマの劇中で描かれている様子の裏がわかる場所も気に入っているようです。セットとしての仕組みを、フェイクであるにも関わらず、一軒一軒、丹念に調べながら空間を探しているようでした。
While he was shooting some private house he payed attention to the technic to make location set at same time. Not only for the surface he's research is going over whole space.

a0216706_2295328.jpg

彼の目線に、どんなものが映し出されているのか、楽しみです。
a0216706_22101042.jpg


最後に、今回の撮影に甚大なご協力をいただいたワープステーション江戸の所長、山中さんと。
山中さんには日本の歴史と、それに反映したこのセットのひとつひとつをご説明いただき、ガイドしていただきました。アーティストがこのような環境でリサーチを試みるのは、ワープステーション江戸でも珍しい試みだったようです。付き添いスタッフも大変勉強になりました。つくばみらい市の鴻巣さんにもお世話になりました。
ご協力いただき、ありがとうございました!
a0216706_22102437.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-10-28 14:26 | AIR | Comments(0)
<< AIT+ARCUS ミングリア... フロレンシアのミーティング >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧