ショウケース vol.8 杉浦大和
ショウケースvol.8 は地元在住の作家、杉浦大和さんの回。

回覧で回ったときに、実はひとつの作品だけではなく、3枚の絵が市内に回っていました。
そして、モノクロの画面から何を表現しているかを想像させようとする、色彩の濃淡のみが表されていました。

a0216706_16205713.jpg


a0216706_16211445.jpg


a0216706_16212745.jpg


これらの絵画が実際にスタジオに展示されると、教室の静けさの中にリズム感のある彩りがみえてきました。濃淡だけではわからなかった、カラフルな画面が。

a0216706_1772269.jpg

スタジオの中に絵画がある光景は、レジデンス期間中にもメモ的なものやドローイングなどはあれど、あまり見る機会が多くはないので、しつらえ方も新鮮です。音楽のリズムにも似た、色彩が重なり合う、または寄り添い合うリズムをその筆跡から静かに感じられる空間になっていました。

a0216706_16493949.jpg

                                 撮影:村上圭一
a0216706_16501153.jpg

                                撮影:村上圭一
[PR]
by arcus4moriya | 2014-01-25 16:14 | 地域とアート | Comments(0)
<< 「いちねんせいのさくひんてん」... H+H(ヒビノホスピタル)vo... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧