「いちねんせいのさくひんてん」にむけて制作スタート1
みなさん、こんにちは。
今年度もあと少しで終わりですね。

さて、この度アーカスプロジェクトでは取手アートプロジェクトさんとの連携事業「いちねんせいのさくひんてん〜いつもいっしょに〜」を開催します。
名前の通り、作品を出品するのは小学1年生です。守谷市内の小学校3校の1年生全員がアーティストと共同制作をし、その作品をイオンタウン守谷で一同に展示します。

3校のうちの1校目、守谷市立黒内小学校に登場したのは“ゴブリン博士”こと、アーティスト小中 大地さんです。
a0216706_18164819.jpg


まずは、1年生のみんなにゴブリン博士の研究を手伝う研究員として話を聞いてもらいます。博士のこれまでの活動、研究発表がにこやかに始まりました。
a0216706_18242641.jpg


研究発表が終わるといよいよ、研究員たちは今回のテーマ「いえゴブリン〜家族をつなぐ不思議な妖精〜」で、各自でゴブリン制作に入ります。
今回は、事前にワークシートがあり、自分の家族一人ひとりの特徴や好きなことを調べてもらってきました。その特徴を体のパーツとして形にし、全て合体させた家族の守り神のような存在としての「いえゴブリン」を制作します。
a0216706_18282471.jpg

集中していますね。
a0216706_18311351.jpg


一体、どんないえゴブリンができるのでしょう?まずはパーツごとに制作します。
a0216706_18351422.jpg


これは、チョコレートっぽいですね。家族の誰かが、チョコレートが好きなのでしょうか…
a0216706_18393477.jpg

a0216706_18401599.jpg


この目は何かを表現していますね、きっと…
a0216706_18475571.jpg


そのような答えは、イオンタウン守谷にて展示する際には、わかるような展示の方法になる予定です。
それぞれのいえゴブリンと、その由来をお楽しみ下さい。
ちなみに、展示期間は3/29(土)ー4/6(日)です。
お楽しみに。

a0216706_20475210.jpg

[PR]
by arcus4moriya | 2014-02-05 22:22 | 地域とアート | Comments(0)
<< 「いちねんせいのさくひんてん」... ショウケース vol.8 杉浦大和 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧