12/7(土) 第6回AIT+ARCUSナイト「パラレルホーム」
Dec. 7th AIT+ARCUS Night Part6 "Parallel Home".


オープンスタジオウィークも、バランス部!も終わってホッと一息....する間もなく、アーカスレジデントたちは、代官山のAIT(アーツイニシエティブトウキョウ)へGO!!
Even if Open Studio week and the another communication program "Balance Club" finished last week, Resident artist still move to Daikanyama AIT Room for another talk! wow, so tough they are!


毎年、AITのレジデントアーティストと、アーカスプロジェクトのレジデントアーティストが互いの滞在制作の過程や各国で活動してきた話しをしながら交流するイベント。「AIT+ARCUS ナイト」。帆足さんがアーカスディレクターの時代から、過去にも「ミングリアス」など、名前を変えても引き続き開催させていただき今年で6回目になります。
まずはチーフ朝重より、アーカススタジオのご紹介。
初めてアーカスプロジェクトを知る人も多くいるはずと、ざっくりスタジオの20年の歩みについてプレゼンしました。そしてアーティスト達によるミニ・トークが始まりました。

We, ARCUS Project has been sharing the exchange event with AIT [Art Initiative Tokyo] since 2004. AIT+ARCUS Night is the event that each organization's resident artist or resident curators are able to communicate through introducing their art activities on each other. This is the sixth time event since the former director, Ms. Aki Hoashi has started as title of " MINGLIUS".
Our chief coordinator, Ryota Tomoshige started introduce ARCUS Studio. After he made a presentation about ARCUS Project activities for 20years approximately, each artists started mini-talk about their own work and process.
a0216706_1334853.jpg

続いて、ロドリゴから。Rodrigo's turn.
a0216706_135353.jpg

版画を彫った残りのものも彫刻の一部?となるような、彼のスタジオはまるでおもちゃ箱のようなスタジオでした。
ご年配の方に答えてもらったアンケートの様子や、皆の答えを版木にして掲示した様子等。
He showed his activities in studio and several parts of his research, which looks like sculpture work. Even though its kind of dust that he carved for main wooden block, the dust looks like a parts of sculpture. Rodrigo carved and printed works, which were image answers by local people. He has collected these images as a visual answer from younger kids and elderly local people.
a0216706_1374199.jpg

a0216706_1393870.jpg


次はナンデシャ。 Nandesha's turn.
a0216706_13122048.jpg

最初に調査しようとしたことは、何かの「違い」を知ることから始まりました。
バンガロールというインドのシリコンバレーからやってきたナンドゥにとって、守谷がいつか東京になるはずだ、といって都会化がこの街に近づいてくるであろうことを想定した上で映像を撮り、それを元に「変化」をどう解釈するかを市民から聞き出そうとした過程を話しました。
In the beginning, What he tried to research was to know about something "change" or "difference". He explains about his purpose, with comparing with his hometown, Bangarol, where is called as Silicon valley of India, and Moriya city where will be changed sooner or later according to his imagination. On the assumption that Moriya will be closed to Tokyo, He shoot the video. then he started ask the local people to interpret "Change" for them.
a0216706_13151521.jpg

そして、その後に街でみかけた天然の竹と、人の力で作られたスプラウトをモチーフにスタジオに展開したのがこちら。浮いている状態はまるで「夢のような状態」である、とナンドゥは説きます。「ハンギングガーデン」と名付けられたこのスタジオ空間は、何度観ても不思議な雰囲気で質問をなげかけたくなります。
Also, during his staying, he found natural bamboo in the city and man-made sprout.He used these motif and installed in studio. He explains. It is like "Dreaming situation" for him to be floating. The studio space of "The hanging garden", which is named by him made us feel unique atmosphere.
a0216706_1354985.jpg

シビレへと続きます。過去の作品と、守谷へ来てからの調査対象と、その過程について。
Sybille's turn. Her previous works and her research processes since her arrival in Moriya.
a0216706_14332329.jpg

a0216706_15571774.jpg

もちろん、蜂の作品を元に守谷で出会ったスズメバチハンティングの話題もあったのですが、ミニトークの中で、彼女が守谷滞在中に福島へ出向いたこと、アメリカでは農業にも携わっていたこと、モンゴルではわき水に遭遇したことが調査対象であり、制作の糧となってた話をしました。一貫した人間と自然との関係について追求し続ける彼女の制作コンセプトの延長線上に、今回守谷の農家を訪ねたこととも関連して、この土に着目していったいきさつがわかる話しでした。
Of course, her topics were including about Giant hornet hunting in Moriya, which was story came from her bee's installation work, "Song for the last Queen", there were some topics not only staying in Moriya, but also she has visited Fukushima to "know" the soil during her stay. Additionally, she used to be working at farm in USA with researching plants, and while her researching in Mongolia, found spring water..., so on. all of experiments makes her parts of art working. She explained the reason why she started to research about soil in moriya, with visiting the farm.
a0216706_1604873.jpg


その後はAITレジデントのマテオさんのプレゼン。
After ARCUS, Matheo from AIT resident's turn.
a0216706_17221853.jpg

キュレーターレジデントのアナ・プタックさんのポーランドのAIRの話し。
Curator resident, Ms. Anna Ptak's presentation. she spoke about AIR in Poland.
a0216706_172374.jpg

雰囲気はこんな感じでした。この日、今年度アーカスプロジェクトでの招聘キュレーターだったキース・ウィトルも急遽駆けつけてくれました。
Good atmosphere. Luckily, our visiting curator 2013, Keith Whittle also joined up!
a0216706_17233928.jpg

アーティストたちも、他のAIRのアーティストと交流することで日本のAIRを俯瞰でみることができたかもしれません。そして情報交換をすることで、さらに国へ戻って日本でのAIR事情を伝えてくれる機会を生んでくれます。首都圏のみならず、郊外、もしくは地方においてもこのようなAIR同士の交流の必要性を感じました。また、継続してこのようなプログラムに参加できたらアーカスも大変有り難いと思うのでした。
このような機会を与えていただいたAITのスタッフの皆さんに心より感謝です。

We appreciate AIT staff, who always cooperative and gave us such a good opportunity!
it was really significant event for artists. we hope that they could bring AIR-experiments in Japan back to their own countries.Then hope that they could have a chance to introduce Japanese AIR through their own art activities, knowing culture, meeting people.
We felt the importance of exchange AIR. important thing is sharing the time to communicate and exchange the information with other organization. (not only Tokyo area, but also suburb, or other area... we will do it in future!)

a0216706_17253813.jpg


さぁ、明日は東京芸大取手校舎へGO!!!!
OK next, we gonna talk at Tokyo University of the Arts tomorrow!!
[PR]
by arcus4moriya | 2013-12-07 19:54 | AIR | Comments(0)
<< ARCUS Project x... バランス部!!その2 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧