ARCUS Project x GEIDAI TORIDE  アーカスプロジェクト特別講演 @ 取手ART PATH 2013
ARCUS Project x GEIDAI TORIDE ARCUS Project special lecture@Toride ART PATH 2013


本日は、東京藝術大学取手校舎にて、アーカスプロジェクト特別講演を開催しました。
取手ART PATH2013の関連企画として、アーティストたちが各自の活動のプレゼンテーションをしました。
We are invited to give a special lecture for art students in Tokyo National University of the Arts today. Artists had a presentation their art activities as one of relative event of Toride ART PATH2013.

ちなみに、「取手ART PATH 2013」は東京藝術大学絵画科油画専攻・先端芸術表現科学部一年生が中心となって運営し、学年末の集大成として約150名が出展するという毎年恒例の大規模な展覧会です。
今年度、アーカスプロジェクトに招聘した3名のアーティストとアーカススタッフが、この展覧会に合わせメディア教育棟にて特別講演を行いました。
アーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)とは、海外からの招聘アーティストたちが茨城県、守谷市で行ったこととは…。
"Toride ART PATH 2013" is run by all of the first grade students of Oil painting course and Intermedia art course. This is the big annual exhibition, which about 150 students are exhibiting their art works in Toride campus.
As a special lecture, we,ARCUS Project had an opportunity to introduce our AIR program. Also resident artists gave a talk what they were doing in Moriya, Ibaraki.

まずは、チーフコーディネーターの朝重が、世界中を移動しながら制作を続けキャリアを積み、表現するアーティストたちの活動を支援するアーティスト・イン・レジデンスの仕組みについて説明し、そして、茨城県守谷市で20年続けてきたアーカスプロジェクトの概要に続きます。
In the beginning, a chief coordinator, Tomoshige explains about Artist in Residence program, and also how ARCUS Project has supported artists and run for 20years in Moriya city. Students might not know so much about ARCUS (Although they might know about Joyful Honda in Moriya). They won't know that such an international program has continued since when Toride campus was established in neighborhood. ARCUS Project has been in existence for twenty years and still going on.
a0216706_213538.jpg


続いて、各アーティストのプレゼンです。まずはロドリゴ(メキシコ出身)からです。
自国での作品展開と、今回の滞在での制作の進め方の違いなどが読み取れました。
Rodrigo gave a talk first. He explained about his process in Moriya and his previous works.
a0216706_2145245.png


続いて、シビレ(ドイツ出身)です。彼女は時間の制限があるということで、過去の作品の紹介はせずに今回の滞在制作に焦点を当てて話しました。 
Sybille arranged her presentation especially for Art students today. She spoke about her art activities during stay in Moriya mainly.
a0216706_213232.jpg


最後は、ナンデシャ(インド出身)です。彼は、過去の作品も含めてプレゼンしましたが、聴講者に学生が多いということを考慮し、紹介する作品を選んだと話していました。
Nandesh's turn. He also explained about his selected previous works for art students.
a0216706_2134047.jpg


講演終了後は、参加者と個別に話をする機会があり、アーティストたちは参加者の個人的な相談にも耳を傾け、アドバイスしていました。
After their lecture, audience gathered and asked questions to artists. 3 of Artists were answering one by one, with giving some advices for students who wants to be an artist.
a0216706_14255867.jpg


藝大生の皆さん、もっと聴講者が多くても良かったと思いますよ!
アーティストとして生き抜いていく、とても実践的な話でした。こんな機会はなかなかないと思います。
We wish more Geidai students could attend this lecture! ( we know that students were busy for running these events, though...)
It was a pity that they should miss such a golden opportunity. Resident artists' talk were very practical and significant lecture for surviving as an artist.
[PR]
by arcus4moriya | 2013-12-08 23:59 | AIR | Comments(0)
<< Nandu's Kit... 12/7(土) 第6回AIT+... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧