オープンスタジオ # 02days/100days "notes on transformation"
OPEN STUDIO #02days/100days "notes on transformation"


今年度アーティスト・イン・レジデンス プログラムの最後のオープンスタジオを無事に終えました。

11/30と12/1の2日間のスタジオ公開で予想を遥かに超える方にお越しいただき、来場者の約半数が地元の方々でした。
オープンスタジオでは、アーティストたちが出会った人々、制作にご協力いただいた人々、アーカスプロジェクトをサポートしてくださっている方々にお会いできたことがとても嬉しかったです。招聘アーティストたちの朗らかで優しい人柄のおかげかもしれません。そして、もちろん県外からもたくさんの方にお越しいただき、良い交流の機会になったことと思います。

当日の朝から、昨年度開催した HIBINO HOSPITAL vol.62で制作したARCUS看板を、もりや学びの里に設置して、皆さんをお出迎えです。2日限りの設置です。

At last, We have finished the final Open Studio 2days of Artist in Residence program2013.
In these 2days of Open studio(Nov.30th and Dec.1st), we had a lot of visitors.
The more than half of visitors were from local, Moriya citizen.Not only citizen, but also many visitor from other area, we believe in that they could have a good opportunity to share with the artists through the Open Studio.
We are so happy to meet people who came to see artists and their process, supporters who're always helping us. Perhaps, artists' gentle and attitude, their cheerful existence made people come?!

Well, we areready to welcome visitors with setting up our ARCUS sign board, which local participants has made by HIBINO HOSPITAL vol.62 workshop. Its time to show up just for 2days!
a0216706_18122686.jpg




まずは、子どもが主役のキッズツアーからスタートです。
子どもたちにとっては、海外からのアーティストと作品の前で直接話せる貴重な機会、そしてもちろんアーティストたちにとっても貴重な機会です。
子どもたちが素直に抱く疑問や見方を聞くことで、アーティストたちは、作品が様々な視点で見られるということを実感するでしょう。しかも、“大人とは少し違った”視点です。
自分には想像できない視点というのは、いつも人々の思考を広げる手助けをしてくれます。

Kids Tour, which we have been taken place in Open Studio since 2012, Its studio tour especially for children.
This event is significant opportunity for kids to talk with artists directly. of course, for Artists as well. Kids gives docile questions to the artists. Artists were asked by kids directly such as , "How can I see this process? what is that mean?! brabrabra..."super directly! And touch works, feel the works, and get the hint to think.
Kids have different point of view from adult's one. ...Simply, but sometimes strong.
Unimaginable viewpoint by others, it helps your limited ability to think more wider and wider.

a0216706_15483275.jpg

a0216706_15485536.jpg

a0216706_1550392.jpg

a0216706_15502835.jpg

a0216706_15505073.jpg

a0216706_15493250.jpg

ツアー終了後も、アンケートを丁寧に書いてくれています。ありがとう!
Thanks for t answering to artists' questionnaires!

続いて、ゲストキュレーターの堀内奈穂子さんによるスタジオツアーのスタートです。
初めてお越しいただいた方々にも、彼らの制作の過程が読み解きやすいように、そして10/26,27に開催したオープンスタジオ#01にお越しいただいた方々にとっては、アーティストの制作がどのように発展しているかを見ることが出来る機会として。

Studio Tour leads by Ms.Naoko Horiuchi, our guest curator2013.
Through this tour, audience had a chance to know their working process with her guide.
Also visitor who has been to the first Open Studio#01 could see their progress more.
a0216706_20305583.jpg

a0216706_20313875.jpg

a0216706_20321733.jpg

a0216706_20332495.jpg


そして、2日間にわたってトークもありました。
1日目は、アーティストたちが主役のトークセッション。テーマは「社会を斬る・つなぐ表現回路」
アーティストたちが、過去の作品の紹介や今回の滞在制作の報告をしました。
And, we held talk events. Day1, Resident Artists had a talk session which is called "Art Breaks/connects Society". They introduced their previous works and made report during their stay in ARCUS Studio.
a0216706_15311724.jpg

a0216706_1337289.jpg


2日目は、ゲストをお迎えしてトークセッションです。なごやかにスタートしました。
テーマは「アーティストが生き抜くため方法論」。
Day2, we invited guests and held the another talk session, which is called "Method of Survive for Artists".
a0216706_13411498.jpg


まずは、今年度のレジデンスプログラム招聘国際審査員のキース・ウィトル氏((Keith whittle/インディペンデント・キュレーター/イギリス在住)。イギリスのアートシーンと、彼がこれまでやってきたイギリスと日本をつなぐ活動についても紹介します。
Mr. Meith Whittle, who is an independent curator based in UK, also our visiting curator2013, gave a talk about UK art scene. He introduced his works/activities in UK and Japan.
a0216706_16501510.jpg


続いて、アナ・プタック氏(Anna Ptak/ウジャドゥスキー城現代美術センター・A-I-Rラボラトリー キュレーター/ポーランド)。彼女は、今年度のAITの AITレジデント・キュレーターです。
Next guest is Ms. Anna Ptak (AIT Resident curator/curator at A-I-R Laboratory, Centre for Contemporary Art Ujazdowski Castle, Poland/Poland).
a0216706_1404956.jpg

a0216706_1648147.jpg


そして、森 弘治氏(アーティスト。ARTISTS' GUILD共同代表)。
今回のトークセッションのテーマを、体現しているとも言える方でしょう。
Then, Mr. Hiroharu Mori (Artist/Co-director of ARTISTS' GUILD).
He would be the very one who embodies this theme of talk session in his activities.

a0216706_13574849.jpg

a0216706_1432374.jpg


そして今年度ゲストキュレーターの堀内 奈穂子氏(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト] キュレーター。)
And... Ms. Naoko.
a0216706_1417446.jpg


来場者の皆さんは真剣に聞き入っていました。
Audience listened attentively in their talk.
a0216706_1440236.jpg



そして、オープンスタジオデイは、締めくくりのクロージングパーティへと続きます…
Lastly, we move to the closing party....!


撮影/加藤 甫
Photo by Hajime Katoh
[PR]
by arcus4moriya | 2013-12-01 22:59 | AIR | Comments(0)
<< 12/1(日)オープンスタジオ... 国際審査員による審査コメント ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧