スタジオヴィジット ーチェ・キョンファさんー Studio Visit -Che Kyongfa-
みなさん、こんにちは。藤本です。
本日は、キュレーターがレジデントアーティストのスタジオを訪れる「スタジオヴィジット」の日でした。本日お越しいただいたのは、東京都現代美術館のキュレーター、チェ・キョンファさん。昨年度のアーティスト・イン・レジデンスプログラム ゲストキュレーターです。
寒いけれど、天気の良い守谷。アーティストのスタジオには、自然光が降り注ぎます。
アーティストたちはみっちりと作品について話し込み、集中力が加速していきます。

Today is the day of “ Studio Visit”which we have curators or involved people in Fine Art, for our resident artists. This is Che Kyongfa who is a curator of Museum of Contemparary Art Tokyo(called MOT). In addition She was the guest curator of ARCUS Project residensy 2012, last year.
It was quite cold, but sunny in Moriya, and rich sun light came in artists' studios.
They talked enough about their projects here with Ms.Kyongfa with showing the processes, and the talking made them more serious.
a0216706_1748315.jpg

a0216706_1751786.jpg


気付けば、お昼をとるのも忘れ…
お昼をはさんで、話は続きました。
They had forgotten to have lunch. After lunch time the talking was continued.
a0216706_17515325.jpg

a0216706_17572180.jpg

a0216706_17551567.jpg


そして、ナンデシャはスタジオヴィジットのあいまに、市民の方にご協力いただいて手に入れた立派な竹をスタジオに運び込んでいます。いきいきと嬉しそうな表情にこちらも嬉しくなります。

Nandesha took some bamboo that a people living in Moriya, gave him into his studio. Those ware really magnificent. We were so happy to see his smile during it.
a0216706_17562293.jpg


スタジオヴィジットはアーティストにとって非常に重要な機会です。普段からアーティストの制作現場を見ているスタッフや関係者ではなく、新鮮な視点を持ったキュレーターの立場から発せられる意見や感想は、アーティストに自身の制作を見つめ直すタイミングや、これまで取り組んできた制作プロセスに対する自信を与えてくれるかもしれません。

彼らは、守谷という場所で特別な時間を過ごしていると同時に、美術史上に、大勢の中の1アーティストとして存在しています。例えば地域の人にとってどういう存在であるかということと同時に、世界での彼らの立ち位置がどこにあるかを意識するということも大事。
ひょっとしたら、この二つの大きな異なるレイヤーを包括的に俯瞰するのは、もう少し後でも良いのかもしれません。でも、常に考えなければいけないことではあります。
つまりアーティストとは…大変なことを日々、果敢にやってのけているのです。

11/30(土)、12/1(日)に最後のオープンスタジオを開催します。時間は両日13:00〜19:00です。
ガイドツアー、トークイベントなど盛りだくさんです!
どうぞお見逃しなく。

Studio Visit is very important opportunity for artists, because They can get fair or neutral opinions from people who do not know their activity very much. The oppinions might be different from ARCUS staff like familiar people. So artists might look back their process, and get a turning point that they think again of their artwork, or get confidence again.

They have spent the time which have two layers. One of them is as a special artist in Moriya, the other is...just one of many artists in the world, on the long art history. They should be conscious about their perspective with thinking their positions here and also in the Art World.
Sometimes it might be quite complicated for them, must see two different layers at the same time, artists might be able to think about their positions in the art world as their career after the experienceof the residency, but they actually should be conscious in any times...
In other words, artists are tackling earnestly such a tough work!


We will have the last Open Studio
30th November, 1st December 13:00-19:00
and prepare guided tour & Talk events for both of days. Please join us!
[PR]
by arcus4moriya | 2013-11-12 17:57 | AIR | Comments(0)
<< ショウケースvol.6 小中大... 「キャッチ!ART ROUND... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
AIR
地域とアート
オープンラジオ
アーティスト・イン・スクール
HIBINO HOSPITAL
だいちの星座
ロッカールーム
アーカスの日常
スタジオ来訪者数
2009〜2010
未分類
外部リンク
検索
ARCUS Twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧